読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bitcoinの展望とその後

今年は仮想通貨元年と呼ばれていますが、今後どうなっていくのか気になるところです。そこで、Bitcoinの展望とその後について少し考えてみました。もしよかったらお付き合い下さい。

 

Bitcoinが世界の通過として流通しつつある昨今、日本での普及率を見ると各国に比べて伸びはまだ少ないように感じられます。日本の場合ですと、円があまりにも安定しており、他の通過を必要としていないことが一番の理由でしょう。また、利用目的があくまで投機目的に限られており、実際に貨幣としての役割に期待している人が少ないことが挙げられます。加えて、取引所の閉鎖などネガティヴなイメージを持ってる人が少なくないことも一つの要因となっております。しかし、ここ最近は日本でも活況を呈してる状況ですので、日本の市場も今後は十分に期待できるでしょう。

 

私が商社で働いてた際、世界各地でのBitcoinに対する期待は物凄く大きいものがあると肌で実感してきました。特に発展途上国では急激に伸びており、先行き不透明な世界情勢が続くなか、安定した円や金に次ぐ第3の貨幣として定着するのは、もはや時間の問題といえるでしょう。トランプ政権が誕生し、イギリスがEUを離脱し、各国では保護貿易に拍車がかかっています。政治経済が不安定感を増せば、いざ自国の通貨が危機に晒された際に、すぐに他の貨幣へ避難させるのにBitcoinは最良の貨幣といえます。Bitcoin流動性が大きく、この点も大きな特徴であり魅力となっています。

 

一方、マネーロンダリングや税制上の問題が取り沙汰されているとおり、各国でも法整備が追いついていないのが現状です。制度化されるのにはまだ相当な時間が必要となるでしょう。また、ハッキングによる被害が相次いでおり、この点も大きな脅威となっています。システムの再構築が喫緊の課題といえます。

 

今後は市場は大きく変動しつつも、中長期的には上がっていくと見込んでいます。利便性が高いものが流通していくことは必然だからです。これは自然の摂理にも近いといってもいいでしょう。現時点でBitcoinに価値を見いだしてる日本人は、全人口に比べてまだまだ少数派です。ですが、必ず時代は追いついてきます。その日が来るまで可能性を信じて待つことができれば、大きな利益を掴むことができるでしょう。私もこの勝負は乗りますよ。その一つの手段がHYIPであり、大人のゲームだと位置付けて楽しんでいます。皆さんも一緒に楽しみましょう(*^^*)

 

最後まで駄文を読んでいただき、ありがとうございました。